クラウン バンパースポイラー 取付け

どーもです^^

やはりこの時期は、バタバタと忙しくなりますね。

確定申告の書類の整理と

取引先への挨拶回り(行ってないけど・・・)

年末年始に事故など起こしたお客さんからの

鳴り止まぬ電話・・・等々


おかげ様で、2017年のスタートは順調です。

さて、正月早々の入庫車両はクラウンのスポイラー取付けでした。

  
WS014714.jpg


ロイヤルにアスリート用スポイラーの取り付けですが

一言で 「付くらしいよ」 と言われても

実はクリアしなければならない問題が いくつかあるのと

付いた としても、耐久性の問題もあります。



WS014713.jpg


まず、スポイラー取り付け部分を、オーナー様が削ってしまいましたので

純正通りの取り付けができない。

両面テープを張りつける7ヶ所の取り付け部分が

割れてしまっているので、業務用エポキシで修復。


WS014712.jpg


両面テープの密着度を高めるため

業務用プライマーを塗布しました。


WS014710.jpg


そして、業者でも入手困難な両面テープ

これは、メーカー指定の製造を請け負っていないと

入手できない両面テープです。

ナゼか!? 当店にはあります!笑


WS014711.jpg


そして、純正同様の隙間を埋めるゴムを貼り付けて

取り付ければ完成です。


WS014709.jpg


上の画像が取り付け前


WS014708.jpg


取り付けてからも、遠赤で熱してカタチを整えたり

マスキングテープで固定して1晩寝かせたりで

お客さんには見えないプロの裏技が隠されていたりします。

プロが綺麗に取り付けることができるのは当たり前かもしれませんが

時間を掛けて、丁寧に作業するからこそ

キッチリと取り付けることができるのです♪

さぁ、お客さんの完成のご連絡をしようかな。


今日も良い仕事したな~(^∇^)ノ



コメント

非公開コメント

プロフィール

repairgarage

Author:repairgarage
クルマのキズ、ヘコミ直し
専門店 『リペアガレージ』
のブログへようこそ。
大切な愛車のキズから
オーナーの心のキズまで
車体修理、板金塗装を通して
あらゆるキズを治療します。

月別アーカイブ

FC2カウンター

フリーエリア

検索フォーム

QRコード

QRコード