FC2ブログ

タント フェンダー取替 ドア鈑金塗装

どーもです^^

最近「災害支援パン」というものを始めました。

仮に、万が一、東北のような震災が起きたとして

半径100mの建物がほぼ倒壊したときに

ウチのお店は倒れていないと思うんですよね。

なので、一時避難場所となるような役割を果たすことが

できるので、「災害支援パン」を支援することにしました。

WSS000770_201902282044068c3.jpg


さてさて、画像はタントです。


WSS000769_20190228204404b46.jpg

パっと見、大したことなさそうですが

フロントバンパー、右フロントフェンダー

運転席ドアパネルに損傷がありますので

修理に取り掛かると、とりあえずこんな感じになります↓


WSS000767_20190228204403334.jpg


意外でしたか?笑


WSS000772_20190228204407487.jpg


フェンダーを単体で塗装。


WSS000773_2019022820440948d.jpg


鈑金したドアパネルも塗装します。


WSS000774_201902282044100c5.jpg


塗装完了(^^♪


WSS000775_20190228204412a13.jpg


取り替えのため塗装したフェンダーを組付けて

ヘッド、バンパーと組付けていった画像はありません(´・_・`)

組付け中の写真って、ほぼ撮り忘れます。。。


WSS000776_20190228204413619.jpg


洗車して仕上げて完成です♪


WSS000777_20190228204415867.jpg


現行タントのフェンダー取替、ドア板金塗装のご依頼でした。

ちょっとした小傷でも気になる!って悩んでいる方は

いつでもご相談にのりますので、ご来店くださいね♪(/・ω・)/ ♪




30系プリウスのフロントバンパー取替え

どーもです^^

世間では花粉が飛び始めてマスクをしていたり

薬を飲んだ副作用で眠気に襲われている人が

たくさんいらっしゃるようですね。

僕は花粉症未経験です!!( ̄^ ̄)ゞちょっと自慢w


WSS000756_20190226190906bd0.jpg


30系プリウスが自転車と衝突したということで

僕の古くからの知り合いの紹介で入庫しました。


WSS000754_201902261906333b7.jpg


駐車中の接触ということですので

自転車の方の対物保険での修理となりました。


WSS000755_20190226190634cd7.jpg


画像で見ますと、そんなに大したことがないようなキズですが

きちんと修理しますので、部品をバラすと

一旦、こんな状態になります。

といっても、フロントバンパーとヘッドライトを外しただけですよ。


WSS000751_20190226190630497.jpg


オーナー様はあまり洗車をされないようですが

フロントバンパーを新品に取り替えることによって

フロント周りのみピカピカ☆になってしまうので

この機会にプリウスをリフレッシュすることに♪(/・ω・)/ ♪


WSS000752_20190226190631e80.jpg


コケが生える寸前のような、汚れのつきかたですね。。。


WSS000766_20190226191122e6f.jpg


これだけ蓄積された汚れが本当に落ちるのでしょうか?


WSS000764_2019022619064419c.jpg


結果は・・・・・


WSS000765_20190226190646687.jpg


ピッカピカ☆☆☆になりました(((o(*゚▽゚*)o)))


WSS000763_20190226190643729.jpg


これからはトランクを開けるときも

ガソリンを入れるときも気分がいいですよね♪


WSS000759_20190226190639a57.jpg


自転車に衝突されたところに加え

クルマ全体が綺麗になりました。


WSS000761_201902261906405f2.jpg


修理する前の最初の画像と比べると

プリウスの雰囲気がまるで違います。


WSS000758_20190226190637e25.jpg


曇っていたヘッドライトもこのようにピカピカに☆


WSS000757_20190226190635c57.jpg


この30系プリウスの修理の間、オーナー様は

代車としてレンタカーに乗られていました。

そのレンタカーは50系プリウスw

はい、新型プリウスですね!笑

「もう、この50系プリウスでいいよ」と冗談ぽく言っていましたが

ピカピカになった愛車がやはり気に入ったようでした(´ω`人)


ラパンのバックドアをやさしく鈑金してみた。

どーもです^^

アルト ラパンのバックドアをやさしく鈑金してみました♪

どういうことか、画像とともに説明していきますね。


WSS000691_LI.jpg


そもそも同じようなカタチの軽自動車に追突されたことで

このようなヘコミができてしまいました。

幸いにもオーナー様にお怪我はなく

事故を起こしたその日に当店にご来店されました。

※ココがポイント!

よくキズやヘコミがそのまま乗っていて

お金に余裕ができたときに修理しようと考えませんか?


WSS000693_20190214173357681.jpg


実は、へこんだばかりの鉄板は、その性質上

元に戻ろうと反発します(←へこみ方にもよります)

その反発する力を利用することで・・・


WSS000692_20190214173734b2b.jpg


このように、画像ではほとんど直ってしまったかのようになります↑

これがラパンのバックドアをやさしく直したということ(=゚ω゚)ノ


WSS000694_20190214173359e93.jpg


ここからこの状態で残っている深いキズのところだけ

純正の塗膜を削ってから鈑金していきます。

何がやさしいかって、できるだけ新車のときの

塗装を削らないことがやさしいのです♪


WSS000683_20190214173354cd8.jpg


いきなり完成の画像になってしまいました((((;´・ω・`)))

実は「小さく修理」するには、それなりに熟練の技術が

必要だったりします。

ガソリンスタンドやカー〇ンなどのフランチャイズでは

熟練の技術者がいない可能性が高いこともあるので

早い!安い!のキャッチコピーには

気をつけたほうが良い場合もありますね。


WSS000682_20190214173353354.jpg


今回の修理は、保険での対物賠償でしたので

全て新品部品に交換しても良かったでですが

あえて新車の塗膜を残すことを優先して

修理という方法をチョイスしました。

ではでは(^^)


 

プロフィール

repairgarage

Author:repairgarage
事故したクルマの修理屋さん
事故してキズついた車を元どうりに
復元するリペアガレージです。
車のキズからオーナーの心のキズまで、確かな技術と顧客の心に
寄り添った接客でしっかり
元どうりに復元します。

月別アーカイブ

FC2カウンター

フリーエリア

検索フォーム

QRコード

QRコード