スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中古パーツ

予算の都合で中古パーツを取り寄せましたが・・・
取り付け箇所が一部欠けてありませんでした。


DSCF1984.jpg


さて、どうするかというと、
最初に付いていた破損したライトから取り付け部分だけを
切り取ります。
次に合わせ面を、削って平らにします。


DSCF1985.jpg


そして二液混合型のエポキシ接着剤で強力にくっつけます。
待つこと5分 


DSCF1986.jpg


それはもう、最初から一つの部品であったかのような(大げさ^^;)
着きっぷりです


DSCF1988.jpg


無事に取り付け完了♪

☆当店ではお客様のご予算に合わせて、全国から中古パーツを
探しますよ~☆



スポンサーサイト

JC 青年会議所

DSCF1979.jpg


先日、若かりし頃からお世話になっている方から
青年会議所(JC)の名刺交換会に誘われましたので
参加させていただきました。

約50名もの経営者、もしくは将来会社を担っていくであろう
若い、そのパワーに、私も頑張らねばと刺激を受けました。

多くの経営者様とお話をさせて戴いた事は、大変勉強になり
私も経営者としての自覚を、今一度、再確認させられる一日となりました。

この場を借りて、10月23日に出席されていた方々に
出会えたことを感謝します。
そして、JCメンバーの皆様、お疲れ様でした。

入れ替えです

長い付き合い(一ヶ月ちょっと)だったサンマル君ともお別れです。

DSCF1968.jpg

新たにやってきたのは、やはりサンマルでした・・・^^;

DSCF1969.jpg

ヨロシクおねがいします☆ 

DSCF1972.jpg

なんと、エンジンがありません^o^ エコですね~

DSCF1975.jpg

フレーム、イッテますね~

DSCF1973.jpg

サビも元気に育ってます☆

DSCF1976.jpg

そろそろ収穫してやりますか♪



ツキを呼び込む本

DSCF1958.jpg


先日、お客様から一冊の小冊子を頂きました。
タイトルは『五日市 剛さんの ツキを呼ぶ魔法の言葉』 です。

読み出したら一時間弱で読み終えてしまうこの小冊子には
とても深い内容の言葉が、とてもわかりやすく伝えてあります。

一人でも多くの方がこの小冊子に出会えますように
私のブログにて紹介させていただきました。

イスラエルのお婆さんのお話はとても不思議なホントのお話です。
この小冊子を読んで、幸せになれる言葉に出会ってください。

私を支えてくれる全ての皆様へ・・・  この場を借りて
ありがとう そして 感謝します。

S30Z 完成^^

内装の取り付けも終わり、ガラスの取り付けです。


DSCF1937.jpg


いつものガラス屋さん。
仲の良い親子です。


DSCF1941.jpg


頼りになる息子さんで良かったですね
仕事も住まいも趣味も一緒で、今時めずらしい仲の良い
親子ですね^^


DSCF1952.jpg


前から・・・


DSCF1954.jpg


後ろから・・・


DSCF1950.jpg


さらに後ろから・・・


DSCF1951.jpg


新しいオーナー様、大事にしてあげて下さい^^
私も、いつの日か乗りたい一台です!

エポ

キレイに見えるけど・・・

DSCF1928.jpg

三度目のキャブ清掃

DSCF1927.jpg

何年も放置状態でやはり、一度の清掃ではツライか^^;

DSCF1908.jpg

マフラーにまたもや混合気
どうやらエポはよく溜まるらしい とのこと(ある情報筋)^^

DSCF1955.jpg

『COOL-F倶楽部』様 今回、エポを整備するにあたり、とても親切にご助言頂きました。
この場をかりて、御礼申し上げます。
管理人様 有り難う御座いました。
今後も何かとご助言頂くと思いますが、ヨロシクおねがいします^^

ドレスアップ?

少し前の仕事ですが、こんなこともやってます。
200系ランクルを・・・


修理画像 065


フロントグリルとルーフレールをボディ同色にしました。
ライト廻りもメッキパーツを取り付け、ラグジー!!(意味不明)^^;


修理画像 010


続いては、メルセデスベンツ 
前期から後期への移植です。
ホンモノ後期パーツを使用すると、いくら掛かるのでしょう??
フード、グリル、バンパーetc・・・
30万~40万くらい??


修理画像 053


グリルとバンパーは社外品を使用
フードはカット&ツメ折りにて対処しました。


修理画像 079


下の画像が加工前です。
高級車の加工、改造は破損した場合などのリスクも高いので、
オーナー様との綿密な打ち合わせ、社外品を使用すことによる
純正品との質感の違い等、納得いただいてからの作業となります。

注① 違法改造は致しませんよ~^^
注② 車種、加工内容によっては、できないこともあります
    その時は、ごめんなさい・・・
注③ ベンツの加工は、よく知っているお客さんだったので請けました
    が、    
    基本的には遠慮したい内容の作業でした。
    アルミのフードの加工は限度がありますので・・・

ランクルは追加塗装がありますので、近々アップします。


ほぼ完成!


DSCF1920.jpg

部品の組み付けもほぼ終了

DSCF1921.jpg

残るは、フロントガラス、リヤバンパー

DSCF1923.jpg

ドア裏とステップも塗装して部品組み付け

DSCF1924.jpg

ロックピラーも塗装して部品組み付け

DSCF1925.jpg

トランク裏もこのとおり!
いい感じに仕上がりそうです^^!

もうすぐ完成

DSCF1918.jpg

磨き作業もほぼ終わり、組み付けも進んでいます^^

DSCF1919.jpg

夕方にオバフェンを留めるエアリベッターを借りにいくので
本日の作業終了です。
完成が楽しみだ^^v

S30Zレストア

昨日一日、天日干しで寝かせました。



DSCF1912.jpg


磨きながら同時進行でバンパーの下地処理をします。


DSCF1914.jpg


昨日塗った各パーツは今日一日寝かします。


DSCF1915.jpg


こうして時間をかけることにより、塗装が絞まり磨き後の
仕上がりが良くなります。


DSCF1917.jpg


本日最後の仕事はバンパーとガーニッシュの塗装です。
これで、塗装作業は終了です^^v
明日はパーツの組み付けと磨きですが、

一日で終わりそうにないです・・・^^;

エポ

最近、我が家に来たエポ
キャブ清掃して新しいガソリンを入れてもエンジン掛からない・・・
ネットで調べると、マフラーの詰まりかも



DSCF1909.jpg


で、外しました。
オー!!オイルまみれ^^;


DSCF1910.jpg

マフラー清掃して、シリンダーのEXポートのスラッジを
取れるだけ取り、マフラー取り付け。
無事にエンジン始動しました。
今さらですが、ネットって便利ですね。

DSCF1911.jpg


S30Zのパーツも塗装しました。
これで、オレンジは塗装完了^^v
あとは、ガーニッシュと前後バンパーを、明日塗ります。
明日もガンバロー^^!

オレンジに・・・

マスキングをします。


DSCF1900.jpg

塗装をします。

DSCF1903.jpg

塗り終わりました。

DSCF1904.jpg

夕方6時半から塗り始め、終わったのが9時過ぎでした^^;
あとは小物たち・・・

DSCF1906.jpg

オバフェン、前後バンパー、

DSCF1905.jpg

フード、スポイラー、etc・・・

バイク

当店にはバイクが何台かあります。
ヤマハXS250SP

DSCF1894.jpg

これらは全て私の趣味で持ってるものです。
私の長年の愛機 カワサキ『KH400』

DSCF1895.jpg


ホンダDAX


DSCF1897.jpg


同じく、ホンダ スーパーカブ90
ちょっとかわいそうな姿  ・・・ごめん、カブ90


DSCF1898.jpg


そして、また一台 新たな仲間が・・・


DSCF1899.jpg


『スズキ エポ』 です^^
江南市のK様、こんなにもキレイな状態で保存してくれていたなんて・・・
オーナー様の愛情が伝わってくる一台でした。

S30Z フロントガラスを外したら、最初の色がでてきました。



DSCF1889.jpg


リヤガラスには配線をかまして、ゴムをうかせます。
ちょっとした気配りで、仕上がりに差が出ますね^^
こうすることで、まるでガラスを外して塗装したかのように見えます。



DSCF1886.jpg


なんとかサフェーサーまで進みました。
しかし、この後も次から次へと出てくるサビやキズとの
格闘は続くのです(泣)


DSCF1891.jpg


キレイな仕上がりに喜ぶオーナー様の顔を想像すれば、
こんな苦労も苦労とは思いません!!
旧いクルマはメンドクサイなんて、思いません!!!
ただ、ちょっと大変なだけ・・・


DSCF1892.jpg



そういえば、自分が乗ってたハコスカも大変だったなぁ~・・・

S30Z 全塗装

新たなオーナー様のもとへ旅立つ『 Z 』
新たな色も決まり、あとは塗るだけです。



DSCF1882.jpg


おっとー、その前に下回しがあるではないか^^;
キレイなお肌になるために、下地処理中です!


DSCF1881.jpg



う~ん ・・・大変

ワゴンR

19年式 ワゴンR



DSCF1862.jpg


フェンダーが大きくへこんでいます。


DSCF1863.jpg


最初の粗だしで、その後の作業と仕上がりに影響がでます。


DSCF1870.jpg


上手に板金すれば、最初のへこみよりも修理の範囲が
小さくなります!!


DSCF1871.jpg


板金の範囲が小さくなれば、フェンダーのみ塗装で収まります。
これが、板金範囲が広がってしまうと、色合わせのため、
損傷のない助手席ドアパネルまで塗装をしなければいけません。


DSCF1880.jpg


余分な塗装は避けたいですよね。
それが、クルマにもサイフにも環境にもやさしいですからね。


DSCF1883.jpg


完成です^^

ムーブの続き

調色したらサフを研いで、マスキングです。



DSCF1837.jpg



DSCF1841.jpg



オパールホワイトが原因だとおもいますが、透かしが
なかなか合いませんでした。
調色に1時間ほどかかってしまいました。
しかし、先日のワゴンRはフロントフェンダーぶっちぎりでしたので
3時間ほどかかり、午前中は調色して終了でした^^;



DSCF1842.jpg



今回はパテを使わず、サフのみでしたが、面はいいみたいです。
磨いた後、塗装に吸い込みがなければ、またチャレンジしたいです。


DSCF1855.jpg



完成です♪

ワゴンRの続き

DSCF1840.jpg



調色してから部品を単体ごとにセットします。



DSCF1839.jpg



今回は諸事情があり??ぶっちぎりです^^
通常は、右フロントフェンダーを新品交換した場合は
運転席ドアパネルまで塗装します。



DSCF1823.jpg



塗装前に主要な部品を仮合わせしてますので、塗装後の組み付けは
スムーズにできます。



DSCF1843.jpg



洗車をして完成です♪
色も良さそうですネ^^v

パテ無し板金

ムーブの左フロントフェンダーの板金です。
画像では解り難いですが、前から押されて矢印の箇所が
折れてます。
フロントドアとの隙間も上のほうが狭くなってます(同じく解り難い・・・)

DSCF1828.jpg



まずは、粗だしです。



DSCF1832.jpg



この時点である程度の面出しができました。
ドアとの隙間も自然に戻ります。


DSCF1833.jpg



もう少し均すため、基準をつくります。
そして、高いところを絞って板金完了です。



DSCF1834.jpg



今回はパテを一切使用せず、サフのみで仕上げてみました。



DSCF1835.jpg



下地処理が終わりました。



DSCF1837.jpg



板金からサフまで30分ほどでした。
しかし、鉄板と塗装の段差は、サフで埋めるよりパテを使用したほうが
良いかもしれません。(なんとなく・・・^^;)


DSCF1838.jpg



こちらもぼちぼち進んでいます。

プロフィール

repairgarage

Author:repairgarage
クルマのキズ、ヘコミ直し
専門店 『リペアガレージ』
のブログへようこそ。
大切な愛車のキズから
オーナーの心のキズまで
車体修理、板金塗装を通して
あらゆるキズを治療します。

FC2カウンター

フリーエリア

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。